東雲

会計処理の方法

【具体例あり】3分で分かる転記ルール!決算を組むには転記の理解が必須!?

転記作業は簿記の一連の流れの中でも最も重要な作業と言っても良いかもしれません。今回の記事では転記のルールを具体例を見ながら解説していきますよ。ただ、手書きの時代と違って今は転記作業は会計ソフトがやってくれるので(エクセルでもやってくれる)、重要性は薄れていますけどね・・・
会計処理の方法

簿記3級で出てくる「現金過不足」問題。仕訳例から決算時の処理までまるっと解説!

現金過不足とは現金出納帳などの帳簿残高と実際の手元残高が異なる場合に、そのズレを調整するために利用される仮勘定(未決算)勘定です。実務はもちろんのこと簿記3級でも仕訳問題として良く出てきますよね。今回の記事では仕訳例から実務上の対処方法まで解説していきますよ。
会計処理の方法

複式簿記とは何か?がよく分かる記事。複式簿記のメリットも詳しく解説!

複式簿記と聞くと「難しそう・・・」とイメージを持っていませんか?実は複式簿記は全然難しくありませんよ!今回の記事では複式簿記の基礎を10分で理解できるようにまとめました。仕訳や勘定科目の意味、BSやPLとの関係、単式簿記との違いまで分かるようになっています。
会計処理の方法

単式簿記と複式簿記の違い【具体例付で解説】

簿記といえば「複式簿記」です。しかし「単式簿記」という言葉もあります。この2つは何が違うのでしょうか?今回の記事では単式簿記と複式簿記の違いを具体例を見ながら詳細に解説していきたいと思います。結論だけ書いておくと単式簿記のイメージは「預金通帳」です!
会計処理の方法

間違えやすい個人事業主の受取利息の仕訳問題。貸付金や預金などパターン別に紹介。

個人事業主でも受取利息は発生します。しかしこの受取利息は帳簿上どういう仕訳を切れば良いのでしょうか?また、所得の分類としては何所得に該当するのでしょうか?ここでは間違えやすい個人事業主の受取利息問題について、貸付金や預金などの別に仕訳例とともにまとめてみましたよ。
減価償却

減価償却資産の耐用年数に対応した償却率表まとめ【定額法・定率法】

減価償却ってなんだか面倒くさいですよね。特に償却率。会計ソフトを使っていれば耐用年数さえ分かればOKな部分はありますが、手書きやEXCELでやっている方は自分で償却率を決定しないと駄目なのでなかなか大変です・・・そこで減価償却資産の耐用年数別に償却率をまとめてみました。
会計処理の方法

個人事業主の預金利息の仕訳方法。勘定科目は「事業主借」で処理しよう!

個人事業主が受け取った「預金利息(利子)」をそのまま受取利息として処理していませんか?個人の方の預金利息収入は「利子所得」に該当しますので、それだと確定申告で税金が間違って算出されます。勘定科目は「事業主借」を利用して正しく税額計算するようにしましょう。
会計処理の方法

個人の会計仕訳の要!「事業主貸」「事業主借」を税理士が分かりやすく事例付で解説!

個人事業主の会計仕訳の要とも言えるのが「事業主貸」「事業主借」の2つの勘定科目です。個人事業主はどうしても事業とプライベートを完全に切り分ける事が出来ないので、この勘定が無いと決算を組むことが出来ません。今回の記事ではいわゆる事業主勘定の会計処理方法を具体例付で紹介していきます。
その他

【徹底図解】損益分岐点をEXCEL(エクセル)のグラフで表示する方法

損益分岐点の計算方法は分かった!でもこれ、プレゼンで使わないとダメなんだよな・・・。エクセルとかで図を作るのって苦手・・・そんな人のために今回の記事では損益分岐点グラフを作成する方法を徹底的に図解付で解説してみました。慣れれば簡単ですのでこの記事でしっかりと理解しましょう!
タイトルとURLをコピーしました